懐かしいラードのしっかりした札幌ラーメンが味わえる新札幌『北の大地』

懐かしいラードのしっかりした札幌ラーメンが味わえる新札幌『北の大地』

新札幌駅の改札を出ると正面に見える『味の名店街』を奥へ進んでいくと、個人ブログなどで話題なっている『北の大地』というラーメン店があります。出張で札幌に来ていても新札幌に降りることは少ないことかも知れませんが、この『北の大地』は、空港に向かう前に新札幌で下車すると、典型的な札幌らしいラーメンに出会える、そんな高い評価を地元の方から得ているラーメン店です。 『北の大地』は熱々の香り高いラードでスープをおおった超基本的な札幌ラーメンです。行列ができて何時間も待たされるといった奇妙なラーメン店が日本中に増えていますが、こうしたシンプルな味は永遠のもの。またいつか見直される時期が来るのではないかと思います。 ただ、この『北の大地』は営業時間が11:00〜14:00ということですから、近くのサラリーマンや店員さんの昼食来店にあわせて営業しているのでしょう。近くで仕事でもしていなければ、地元の方でもなかなか食べる機会に恵まれないかもしれません。味をためしてみたいという方はまずお昼時を狙って行ってみると良いでしょう。 メニューはどうやら醤油と味噌、そして塩の3本立てのようで、値段は600円。レビューでは醤油を選択した方のものが多いのですが、噂では、味噌こそが『北の大地』のおすすめなのだとか。ただ、醤油ラーメンもスープの色がしっかりとついた濃いめの味で非常に美味しいそうです。 味噌もラードがよく絡んだ札幌ラーメンらしいスープになっていて、このラードの絡みが好みを分けるところなのかもしれませんが、ハマる人はこの味のハマるのでしょう。 悪い評価の見られない『北の大地』。札幌ラーメン好きなら機会があれば試してみる価値は十分ありそうですね。